プログラムについて

かりぐみは母体の明徳土気保育園(現こども園)の15年に渡るインクルーシブ保育の実践の中で、障碍のあるなしに関わらず、どのお子さんも発達の順序は変わらないということを実感してきました。 



どもは保護者や身近な大人と愛着関係を結ぶことで安心基地を作ります。安心基地があることで、自分の興味ある遊びにじっくり取り組みます。そして少しずつ周りの世界や子どもに興味関心を広げ、関わり合うことで心が育っていくのです。一人ひとりのスピードは異なりますが、土台の上に一段ずつ積み重ねて育っていきます。
 

かりぐみのプログラムは、ゆったりと「子どもの時間」を過ごせるように生活と遊びを中心におこないます。お子さん一人ひとりの発達に沿い、保育士、理学療法士、言語聴覚士がそれぞれ専門的な視点からお子さんの発達の特性を理解し、保護者の方と話し合いながら共有し、個別支援計画をたて、支援していきます。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

小麦粉粘土

ゆったりとした
生活と遊びの中で
学んでいく

お着替え
  1. 好きな(夢中になれる)遊びを見つける時間 

  2. 戸外活動(散歩・園庭)や設定活動で見る・聞く・触れる・考える体験

  3. 子ども同士が一緒にいる環境

  4. 食事・排泄・着替え・衛生などの身辺自立=社会生活スキル


これらの活動を日々積み重ねていくことを中心として、将来(就園や就学)につなげていく支援を行います。

プログラム内容
お散歩

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////