​個別療育

言語聴覚療法
1回45分です。言語やコミュニケーションに関する課題が中心となりますが、必要に応じて、食べる機能の発達や注意・集中力を促す課題も行います

目標

◎今の段階での言語能力を発揮できる場面を増やす。

◎言語やコミュニケーションの成功体験を重ねることで、ことばを使う楽しさや便利さを感じる。

◎言語課題への苦手意識を下げることで就学後の負荷を軽減させる。

内容

◎言語能力の評価

◎言語発達を促す課題

◎コミュニケーション・やりとりの課題

◎正しい発音の練習

◎摂食指導

◎注意・集中を促す課題

​◎就学に向けた文字学習や言語学習

基本的には保護者同室で行い、お子さんの様子や、課題の内容を共有します。お子さんの様子によっては、分離をお願いする場合もあります。

きょうだいの同伴については、ご相談ください。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

言語聴覚療法

言語聴覚士や理学療法士が担当する個別プログラムです

言語の教材

理学療法
1回45分です。抱きにくい、座れない、歩き方がおかしいなど運動発達が心配、あるいは手を使って上手に遊べない、食べることが難しいといったお子さんの支援をします。子どもが身体の使い方をおぼえて、自分から動き出すことを促すプログラムとしています。

目標

◎身体で自分の意思を表現するとともに、身体を使って新しい経験をすることで喜び、驚きなどを感じ、動く喜びや達成感につなげていく。

◎身体を動かして新しい事ができるようになることにより、お子さんの自己肯定感、自己理解を深めるとともに自己表現の機会を増やしていく。

内容

◎運動感覚機能の向上

◎呼吸機能の向上

◎摂食

◎靴の選び方・中敷きの評価

​※内容によって、集団療育の中で行うこともあります。

理学療法靴を合わせる

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////